平澤まりこ『しろ』銅版画展

2016.6.17 fri.-6.28 tue.
13:00-19:00(展示最終日は18:00まで)
会期中休(6/22wed. ,6/23thu.)

平澤まりこさんの個展を開催します。
繊細で美しい平澤さんの銅版画作品をご覧ください。

イラストレーター「平澤まりこ」とモデル・浜島直子と映像ディレクター・アベカズヒロによる創作ユニット「阿部はまじ」による絵本『しろ』の発売を記念して、本書に掲載した作品を中心とした作品展です。
しろ 平澤まりこ

『しろ』
作・阿部はまじ 絵・平澤まりこ 
ミルブックス 定価(本体1,500円+税)

◎ストーリー
「色」とめぐりあう旅に出た「しろ」。いろんな色の仲間たちと出会い、形をどんどんと変えていったしろだったが、その色だけは変えることをしなかった。そんなある日、くろい犬と出会った。自分とは正反対のくろに惹かれたしろは、はじめて自分の色を変えた。だけれど、何かが違ったんだ。

すべてひらながで書かれた、わかりやすく小さな子どもが楽しめる内容ながら「自分とは何なのか」を考えるきっかけをくれる深い物語で、大人にこそ響く絵本です。銅版画の美しい絵と、白の箔押しを施した特別な装幀と相まり、ずっと手元に置いて事あるごとに何度も読み返したくなります。シェル・シルヴァスタインの『ぼくを探しに』『おおきな木』に匹敵にする名作が完成しました。

◎平澤まりこ(ひらさわ・まりこ)
イラストレーター。東京生まれ。広告、雑誌、装画などを手がける他、国内外問わず気になる人や街を訪ね、絵と文章を用いて本を制作している。著書に『旅とデザート、ときどきおやつ』(河出書房新社)、『イタリアでのこと~旅で出会ったマンマとヴィーノとパッシオーネ』(集英社)、『1カ月のパリジェンヌ』(主婦と生活社)、『ギャラリーへ行く日』(ピエブックス)、絵本『森へいく』(集英社)など。

◎阿部はまじ(あべ・はまじ)
モデルの浜島直子と映像ディレクターのアベカズヒロによる夫婦での創作ユニット。著書に『森へいく』(集英社)。浜島直子は、同世代の女性から支持を集め、そのライフスタイルも注目されている。集英社「LEE」専属モデル、NHK総合「あさイチ」、TBS「暮らしのレシピ」、bayfm「Curious HAMAJI」パーソナリティーなど幅広く活動。アベカズヒロは、広告代理店のCMプランナーを経てフリーランスの映像ディレクターとして活動。CM多数、NHK短編ドラマ「リボルバーズ」など。

展示の模様はこちら。

2016年6月17日スタート

« [前の展示] パラソルとテキスタイル展 | 7月の芝生常設展 [次の展示] »

▲ページトップへ