芝生北欧日記 ロシア日記 オランダ・ポルトガル買付け日記 東欧買い付け日記

2015年1月17日

1月の営業日のお知らせ

1月24日はイベントのため、展示をご覧いただけるのは17:00までになりますのでご注意ください。

1月

1/4-1/5 2015年の抱負展

6日(火)-8日(木) お休み

1/9-1/27tue. 木下綾乃『ねこをもらったよ』原画展

14日(水)15日(木) お休み
21日(水)22日(木) お休み
24日(土)イベントのため展示は17:00まで
28日(水)-30日(金) お休み

1月31日(土)2月1日(日) 芝生冬の蚤の市開催12:00-19:00

2014年12月22日

12月の営業は27日までです。

2014年ももうすぐ終わりが近づいてきました。
今年もありがとうございました。
年内の芝生、最終営業日は27日(土)17:00で終了となりますので、ご注意ください。
なお、24日(水)25日(木)も通常通り定休日とさせていただきます。

12月23日(火・祝)〜19:00
24日(水)休み
25日(木)休み
26日(金)open
27日(土)〜17:00年内最終営業日


芝生通販は26日(金)のご注文・入金確認が年内発送の締め切りとなりますのでご注意ください。
http://shop.shiba-fu.com/

年明けは1月4日13:00より2015の抱負展でスタートとなります。


みなさまよいクリスマスと年末年始をお過ごしください。

2014年12月19日

シュヴァンクマイエル映画祭2015特別鑑賞券販売をはじめました

現代のチェコを代表するアニメーション作家、映画監督であるヤン・シュヴァンクマイエルの映画作品が一挙に公開される映画祭が2015年2月から開催されます。
この特別鑑賞券を芝生でも販売開始します。
image.jpg
芝生通販でも取り扱いしています。
シュヴァンクマイエル映画祭2015
遠方の方はどうぞご利用ください。

2014年11月28日

土日は東京蚤の市に出張のためおやすみとなります

11/29(土)30(日)の2日間は東京蚤の市に出店します。
そのため、現在開催中のカレンダー展2015はおやすみとなりますので、ご注意ください。

楽しい出店者さんに囲まれて毎回楽しいイベントです。
秋晴れを期待して、多摩川沿いの京王閣でお待ちしています。

東京蚤の市の情報はこちらからご覧ください。
東京蚤の市オフィシャルサイト

カレンダー2015のご紹介2

いよいよ12月も目の前に迫ってきて、来年のことも考え始める季節になってきました。
芝生で開催中の「カレンダー2015」で、予定を立てるための準備のお手伝いができたら、うれしく思います。
ということで、出品作家さんたちのカレンダーをご紹介の続きをしていきます。

イシカワアユミさんは、ピアニストでもあり、イラストレーターでもある多彩な方。
繊細ながらときどきユーモアをのぞかせてくれる、素敵なカレンダーを2タイプつくってくれました。
イシカワアユミ
シンプルなタイプのカレンダーと、もうひとつは二十四節気と月の満ち欠けが記されています。
ケース入り、角に押してあるのは鋳型のスタンプです。
イシカワアユミ カレンダー

イシカワアユミ2015 Papyrus boat CALENDAR | 芝生通販

そのイシカワさんがピアノ講師をしている会場でもある、巣巣さんのカレンダーがこちら。
巣巣 カレンダー
写真とカレンダーのシンプルな構成で作られています。
素敵なパッケージになっているので、このままプレゼントにもぴったりです。
ss_001-1.jpg

巣巣カレンダー2015 | 芝生通販

カレンダー2015のご紹介2の続きをよむ

2014年11月24日

11月の月末は営業日にご注意ください。

11月5日(水)、6日(木) 定休日
12日(水)、13日(木) 定休日
11/14〜 2015のカレンダー展はじまります。
19日(水)、20日(木) 定休日
26日(水)、27日(木) 定休日
11月29日(土)、30日(日)はイベント出張のためお休みします。

営業時間は13:00-20:00(土日祝は19:00まで)
水曜、木曜が定休日です。

2014年11月23日

(うそ)偉人カレンダー取り扱い店のお知らせ

イラストレーターコガアキコさんとつくっている(うそ)偉人カレンダー2015。
芝生店主がでっちあげた架空の偉人たちを、そのイメージだけでコガさんが絵に描き起こしてくれています。


(うそ)偉人カレンダー2015
絵 コガアキコ/文・デザイン ユサカズヤ
格子柄測量士ケルン・タルタニウスのご夫人の若かりし頃、の絵がおまけポストカードとしてついてきます。

うれしいことに、このデタラメな(日付は本当です)カレンダーを置いてくださっているお店が今年から少し増えました。
どのお店も個性ある楽しいところばかりです。
お近くの方はお店でぜひ手に取って眺めてみてください。

[(うそ)偉人カレンダー2015取り扱い店]
bookshop and gallery ON READING(愛知県名古屋市)
cafe+gallery芝生(東京都世田谷区)[WEB通販]
喫茶と空間toori(福岡県福岡市)
空とたね(香川県香川市)
にじ画廊(東京都武蔵野市)
ハルカゼ舎(東京都世田谷区)[WEB通販]
home home(京都府京都市)
ロバの本屋(山口県長門市)

カレンダー2015のご紹介1

現在芝生で開催中のカレンダー2015展、たくさんの作家さんが出品してくれています。
使いやすいように、とよく考えてつくられているものや、飾って眺めるだけでも楽しくなるようなものまでいろいろ個性あり、作家カレンダーはどれにしようか選ぶのに迷ってしまいます。
出品カレンダーをご紹介していきたいと思います。
遠方のかたは通販もどうぞご利用ください。

切り絵作家の辻恵子さんのカレンダーです。
辻恵子 カレンダー2015
シンプルなデザインながらも、数字は辻さんがはさみできった数字が並んでいるのです。
よく目を凝らしてみると、とてもその細かさに驚かされます。
飽きのこないつくりで毎年定番で使っている方も多いと思います。

切り文字カレンダー2015 辻恵子 | 芝生通販

365日の言葉が書いてある日めくりカレンダーは、すずらん通りの文具店ハルカゼ舎のオリジナルです。
ハルカゼ舎日めくりカレンダー2015
毎日が何かの日、でありいい日もあればひきこもりたくなる日もあるけれど、言葉を朝読むたびに毎日が少し楽しくなるかもしれません。
断裁、丁合、製本とすべて手作業ですので、納品まで時間をいただくことがありますがご了承ください。

ハルカゼ舎日めくりカレンダー2015 | 芝生通販

そして、去年のことですが、このふたつのカレンダーの楽しいところが合わさったような、楽しい展示がありました。
辻恵子さんの個展「日めくりの日々」では辻さんがハルカゼ舎日めくりカレンダーにハサミをいれて、言葉にあわせて命を吹き込んでくれたような作品が並びました。
この時に同タイトルで制作した書籍「日めくりの日々」がこちらです。
日めくりの日々
作品集のために制作した切り絵作品が手のひらサイズの小さな書籍作品になりました。
日めくりの言葉に音楽がついたような、そんな新しい世界が本の中につまっています。

日めくりの日々 | 芝生通販

※このカレンダー展会期中は、「日めくりの日々」展で受けていた受注制作もお受けしています。
日めくりカレンダーの中から、記念日やお好きな日付を選んで切り絵作品をオーダーすることが可能です。
詳しくは会場でお問い合わせください。

カレンダー2015のご紹介1の続きをよむ

2014年11月13日

ハルカゼ舎カレンダー展に出品します

芝生で毎年(ずっと)つくっている「スケジュールを書き込むプロジェクトノート」をすずらん通りの文具店ハルカゼ舎さんのカレンダー展に出品させてもらっています。
プロジェクトノート
「自分で書き込む手帖」とか「スケジュールを書き込む手帖」とか毎回名前がころころ変わるのですが、要は
複数の同時進行しているプロジェクトをスケジュール管理できるプロジェクトノートです。
デザイナー業、編集・ライター業などされている方におすすめです。
もとはといえば、自分で使うために事務所のプリンターで作りはじめたのが制作のきっかけになったものです。
いつか名前もかたまってくると思います。

このイベントでは年賀状もカレンダーと一緒に並べるという企画があります。
そこで芝生オリジナルのハンガリー語ヒツジカードもつくりました。
こちらは週末に登場する予定です、どうぞお楽しみに。

ハルカゼ舎カレンダー展には素敵な作家さんたちがたくさん出品しています。
実用的なカレンダーから、あそび心いっぱいのものまで、楽しいお店ですので、すずらん通りにあそびにきてみてください。

ハルカゼ舎カレンダー2015

HARUKAZESHA CALENDAR&NEW YEAR'S CARD 2015

2014.11.13thu-12.1mon

火曜、11/19(水)休み

会場 ハルカゼ舎
世田谷区経堂2-11-10 
tel03-5799-4335

2014年10月19日

早起きして寺に手伝いに

芝生で展示イベント"Stone Stamp with Sweet Dishes"で楽しい空間をつくってくれたカキノジンとnokosのふたりとすずらん通りのハルカゼ舎も出ている"くらしのmoto市"、今年はあそびにいくだけでなく、芝生オープン前の少しの時間ですがお手伝いに行ってきました。

町田からバスにゆられて辿りついた会場はお寺の境内。
着くなり楽しげな笑顔のカキノ部長とノコちゃんに会えてうれしくなりました。

設営中のカキノジン部長はのんびり、くつろぎの表情です。
kakinojin
ハンコがまだ並んでいないのにこの余裕っぷり、クラフトフェアでの経験値の高さを物語っています。
もちろんオープン後にはちゃんと石のはんこが並んでいました、さすがです。

タルトや焼菓子を中心にならんだnokosのお菓子はおいしいだけでなく見た目でも楽しませてくれます。
こんなおしゃれなお店が東京にあったらどんなにうれしいでしょうか。
nokos
テーブルだけでなく、テントの中の空間さえnokosの世界になってしまうなんて、すごい。
(写真には映っていない部分の話しです)

早起きして寺に手伝いにの続きをよむ
前の10件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13
▲ページトップへ