ivory+個展「樹々に会いに」展示ご紹介

木工作家安藤由紀個展ivory+「樹々に会いに」の展示内容をご紹介します。

パン皿+カッティングボード
ivory+ パン皿 カッティングボード
クルミ、さくら、ウォールナットを使ったもの。
パン皿はあたたかいパンを置いたときにも湿気を吸収してくれるので、パンがお皿と接する面が蒸れずおいしくいただけます。

コーヒー豆メジャースプーン
コーヒー豆メジャースプーン
芝生ではウォールナットとクルミの組み合わせを選びました。
コーヒー豆メジャースプーン
お店の豆計量に使います。

ワレモコウ
安藤さんがワレモコウとユーカリを添えてくれました。

fog tray
トレイ ivory+
霧の中のような自然の感触が素敵なトレイ。
クルミの木をベースに自然由来の白いオイルを塗った後、サンドペーパーをかけて彫り跡を出しています。
このトレイはコーティングとしてのウレタン塗装仕上げをしていません。
木は呼吸をしているので、長い年月の中で空気や水に触れることで色や触感の変化を楽しみながらお使いいただけます。

2015年9月20日

展示紹介

« ドアの色をグレー(ほぼ黒)に | 記事一覧 | キノコ切手展ご紹介 »

▲ページトップへ