Helsinki Laajasalo地区 フィンランドの森

午前9時前、メトロで滞在先となるアパートの最寄り駅へ向かう。
ヘルシンキのメトロは中央駅から東へ延びていて、すべての駅にフィンランド語とスウェーデン語の駅名がついている。
metro フィンランド
10分ほどすると地上に出て車窓には緑とフィンランド湾を望む景色が現れる。
いくつか島を渡り緑がだんだんと濃くなってくるころ、家主と待ち合わせしている駅についた。
metro フィンランド herttoniemi
迎えに来れくれたヴィヴィ(本名ではなく、彼女の愛称)が乗ってきたのは赤いトヨタカリーナ、日本でもずいぶん見かけなくなった旧型のスポーツセダンで、「モーイ」とフィンランド人らしくにこやかに迎えてくれた。
一通り挨拶したあと、駅前の広場に停めたトヨタカリーナに乗り込み手早く発進させると、ずっと右手はシフトレバーに置いたまま、的確にギアチェンジを繰り返しながら家の周りの環境のこと、どこで買い物をするのがいいか、近くにある浜辺と公園のことなど、ヘルシンキ郊外でのこれからのほんの短い生活ではあるけれど、最低限必要なことを一通り教えてくれた。

駅前で買い物を済ませて戻ってくるといい、家の近くのスーパーに行くには歩かないといけないから。一人で家に戻ってくるときは、ここのバス停で降りて。今はリノベーション工事中だからテラスに出れなくてごめんなさい、景色がいいところだから残念ね。朝は7時には工事の作業員が外を歩き始めるから寝るとき窓は閉めてね。

細々としたことだけれど、はじめてヘルシンキに来た身にはとてもありがたく、必要な情報だ。
そんな話と、ときどきブルルルルと不穏な音をたてるエンジン音に耳を傾けながらもずっと気にかかっている、ここから一番近くにある郵便局の場所も忘れずに聞いておいた。

買い付けの商品を日本に送るのはもちろんだけれど、フィンランド郵政の切手を買って押印コレクションに加えなければ。
駅のすぐそば、といわれ振り返っても駅はもう森の向こう、だいぶ走ってきた。
そうするうちに車は部屋の前で停まり、すでに増え始めているずっしりと重たい荷物をトランクから引っ張り出して、エントランスのドアを開け、階段を上っていく。
finland helsinki
部屋に到着すると今度はバスルーム、キッチンの使い方、玄関の鍵の締め方などをひとつひとつ教えてくれる。
彼女はジャラジャラと音をたてて繋がっているトカゲのキーホルダーにつながれた鍵をこちらに手渡しながら、
「私はヘルシンキの彼の部屋にいるから何かあったら連絡してね、これから仕事だから。」
と出かけて行った。

改めて部屋の中を見回してみると、十分な広さもあるし高い天井まである窓は工事中のネットこそかかっているものの朝の光がたくさん入って明るい。ベッドもソファもきちんと整えられていて、キッチンも清潔で充実している。
kitchen helsinki

簡単な食事しか作らないけど、自分には充分すぎるくらいだ。
旅の楽しみのひとつ、フィンランド産ビールの飲み比べをしながら、ジャガイモを茹でて野菜と、簡単な夕飯ならそれでいい。
finland beerfinland じゃがいも

日本から持ってきた手土産を渡しそびれ、結局帰国するときに直接お別れの挨拶をすることができず、部屋に置いてきたトカゲ付きのキーと一緒に手ぬぐい、彼の分のお箸も一緒に置いてきた。
helsinki 朝

後日、メールで置き土産のお礼とリノベーションが無事終わった、との連絡がきた。
今度ヘルシンキに行くときはテラスからの森を眺める楽しみができた。


ヘルシンキで宿泊していたアパートの話しを小説風に書くとこのような感じ。
実際、ゴミを捨てに裏庭に行くと親カモメからはぐれてしまったヒナ鳥がよちよち歩いている上空をお母さんがビービーわめきながら飛び回っていたり(また会えたのだろうか)、工事作業員たちが窓の外を歩いていたりと、わりとドラマにもあふれていたな。
helsinki 雛鳥
うっかり窓を開けたままのキッチンに小さな泥棒が侵入して食べ物を狙っていたり(実際に被害にもあった)となかなか自然あふれる環境に恵まれている。
ヘルシンキ リス

中心街に行くのに2-30分ほどで、森や大きな自然公園があるLaajasalo地区はとても居心地がいい。
helsinki 公園
メトロでヘルトニエミからバスで10分ほど。中心街からは夜行バスも出ていて、そのおかげでうっかりメトロの終電を逃したときにも無事バスで帰ってくることができた。
ヘルシンキ バス停
Killingholmaの自然公園は海沿いに集まってくるカモメを眺めながら散歩できる小さなビーチもあって、滞在中なんどか朝の散歩、夜の散歩を楽しんだ場所。
helsinki 公園

この買い付けの旅でみつけたものは結局ヘルシンキの蚤の市のようになっている物産展として開催中。
ICELAND+FINLAND
アイスランド+フィンランド旅の物産

9/15火曜まで。

2015年9月12日

芝生北欧日記

« アイスランドの古本屋と郵便局 | 記事一覧 | ドアの色をグレー(ほぼ黒)に »

▲ページトップへ