倉敷、広島

芝生が休みの日の早朝、始発ののぞみに乗り込み、倉敷にむかいました。
と、さらっと書いたけれど、品川発が6:09で新宿を出たのが5:48だったかな、ギリギリセーフ、今回は危なかった。
のぞみ
同じ新幹線に乗り合わせたのは有賀傑くん。
山陽本線
岡山から山陽本線にのりついで倉敷の駅でいのまたさんと合流して工場見学に向かいます。
倉敷 タクシー乗り場
タクシー乗り場をあちこち探してしまったけれど、着いてみたらこんなにたくさん乗り場、って書いてあった。

工場見学
もりだくさんすぎるので詳しくはまたこんど書きますが、機械がたんたんと仕事をこなしていく姿や作業するみなさんのてさばき、倉庫のかっこいいたたずまいに興奮してカメラマンのすぐるくんにまけじと全員がシャッターを切っていたのでした。
工場見学
お昼は倉敷名物のぶっかけうどんでおなかをみたしたら、倉敷の町並みが美しい美観地区に移動してお店巡り。
倉敷 アチブランチ
アチブランチで田邊さんと話しながら、ふとみあげた電球のケーブルと滑車の使い方がかっこよかった。

倉敷
そこから歩いて、ほどよい暗さがひんやりとここちよい蟲文庫へ。
田中美穂さんの静かなたたずまいがそのまま表われているような鮮苔類と静かな動物たちの気配がただよう本屋さんです。
店の座敷奥で亀がのそのそ動いていた時間はまるで小説にもぐりこんだようです。
苔収集封筒を買いました。
ちょっとよそいきの収拾のときに使おう。

倉敷の店々が閉まるのははやいので、ちょっと早めの夕飯にでて、帰り道ホテル近くの地ビールが飲めるバーカウンターで3人で岡山ビールのみくらべしたり、旅先っぽい楽しい夜をすごしました。

特急やくも
翌日、朝食後、特急やくも、新幹線と乗り継いで広島に移動。
もみじまんじゅう
駅構内のもみじまんじゅう顔出し、思いのほかみんな反応していません。
恥ずかしがりやのようです。
さて。
午前中お邪魔したのは石田敦子さんのお店兼アトリエ。百貨店で展示中につき多忙の中ご協力していただきました。
さらにイチオシのお好み焼き屋まで教えてくれ、行ってきました、その名も「カープ」。
お好み焼き カープ
手慣れた手つきでコテで鉄板から食べるとなりのおじさんを真似ておなじように食べてみました。
ひと玉で3人前くらいありそうな量だけどふたりとも食べるのが早い。
ほりかわ
途中寄り道した手芸ショップほりかわでお買い物、30%引きでお買い得。

午後の取材のあと、間中居でしゅんしゅん展をみる。
展示も展示場所もみたかったから古いカーナビが海の上を走るアクシデントをのりこえてもがんばってなんとか辿りつく。
以前は高速道路の終着だったところで終わっているから、降りてくださいといわれない。ので新しく延びた道を走っているとナビ上では海の上に飛び出してしまうことに。
道路地図ならこんなことにならないんだけど機械に頼りきって行動するとだめだなー、大笑いしたけど。

最後は商店街の喫茶レストランでごはん。
シャモニーモンブラン
1階は家族の団らんスペースで中2階では手相を見合っているカップル。
3階は煙草もくもくのおじさんスペース。
中2階に席をとってゴハン食べて、コーヒーで落ち着いて。

百貨店のイベントスペースに出店していた石田さんにまたばったり会い、調べてくれたぎりぎりの終電に乗る。
石田さんのおかげで東京に戻れました、ありがとうございます。
言われてなかったらのんびりして帰ってこれないところでした。
あぶないあぶない。

2013年6月 3日

芝生日記

« てふてふ喫茶の日 | 記事一覧 | 経堂世田谷周辺マップ »

▲ページトップへ