プラハ最終日、スロバキア滞在1日目

だいぶ間があいてしまいましたが、プラハ4日目〜5日目 蚤の市巡りの続き、東欧買付け日記です。

6月27日(月)プラハからの発送、その後スロバキアへ移動。

朝からプラハでの収穫を日本に発送する日。
日本から持ち込んだダンボールでは足りず、スーパーマーケットでコトバに苦労しつつもらってきたダンボールを継ぎ足し、フルーツカゴを緩衝材にしたりしながら巨大なダンボールを完成。
ここに商品たちをつめこんでいく。
朝食をはさんで、また作業、数時間かかったものの、まだ9時、上々の出来、と思ったものの、とてもでかい、そして重たい・・・
一番近い郵便局までは徒歩7,8分というところ。
ゆっくりでもなんとかもっていけるであろう、という読みは甘く、かなり重労働になった。
タクシーも走っていないような住宅街なので、大きくてもちにくいダンボールと格闘しながら30分、ようやく郵便局に
プラハ郵便局

苦労の末、窓口まで運びこんだら重量制限の30kgオーバー...
重たそうな紙の束を抜き出したり、減量して再計量すると29.8kg!これならOK、ということで再び梱包。
伝票書いて、また列に並んで、とプラハ市民のあたたかくも冷ややかな目にさらされながらもう一度。
計量すると、なんと30.2kgでNG!
たぶんガムテープと麻ひもじゃない?なんていわれながらもうみんなの憐れみとやさしさのまなざしのなかでさらに減量大作戦。で、なんとか制限内に収めて、さて支払い、というときに、チェココルナが足りない...
ということで、両替をしに銀行までひとっ走り。
その途中で生地手芸の問屋さんらしき店をみつけたので、また買い足してしまったのだけれど。
生地屋
そんなことで気がつくともう昼過ぎ。
プラハバスターミナル
13時のブラチスラヴァ行きのバスはもう間に合わないので、しかたなく夕方の便にしてビールでも飲みながら時間をつぶすことに。
スーツケースプラハバスターミナル近くのバー
(このバス便の変更でスロバキアの自分を苦しめることになるのだけれど)
ブラチスラヴァまでは約4時間、到着22時半。
着いたのは国際バスターミナル、なのだけれど、まわりは閑散としていて、案内所もしまっている。ガイドマップもおいてない。タクシーもいない、売店も閉まっている。ということで、途方にくれてしまう状態に。
ブラチスラヴァのバスターミナル
看板を取り替える業者のおじさんたちが助けてくれる、わけもなく・・・
ホテルくらい取っておけばよかったなぁ、と思いつつ、唯一1軒だけ開いていたスタンドでハンバーガーを食べながらさて、と。
ブラチスラヴァのケバブ
ホテルを取っていなかったのでそこから宿探しを始める訳なのだけれど、ブラチスラヴァのバスターミナルのまわりにはホテルがなく、中心街(であろう、と予想できる場所)へ向かえばなんとかなるだろう、とバス路線図が集中していそうなところへ向かう。
というかなり当てずっぽうだし、不安になるくらいおんぼろのバスにのって危険な賭けをすることに。
ブラチスラヴァのナイトバス
どこへ向かっているのかもよくわからない状態で乗る深夜バスはかなり心細い、のだけれど、ガマンして終点まで乗っているとようやく都心らしくなってきて、HOTELの看板もみえてくるようになってきた。
バスの案内ではスロバキア語だったのでわからなかったけれど、着いてみたらセントラルステーション。
ブラチスラヴァ中央駅
なんとか宿もみつかり、チェックイン。
フロントのおにいさんがパスポートを眺めながら右手を差し出して握手。
なにごとかと思ったら「happy birthday!」ちょうど12時をまわったところで、誕生日を迎えたのでした。
ということで、荷物をおいたらちょっとビールをのみに夜の街に。
幸い中心街だったので、バーも開いていて、宿も決まり、ひと安心の乾杯。
ブラチスラヴァパブ

この買付けの旅での収穫はこちらに。
夏の芝生展2011
めぐる もの
東欧の日用品マーケットから

2011.8.19 fri.-9.6 tue.
13:00-21:00(土日祝、展示最終日は19:00まで)
水曜休み

日記はブラチスラヴァ滞在2〜3日目に続きます

2011年9月 3日

東欧買い付け日記

« 東欧展、いよいよ来週火曜まで | 記事一覧 | ブラチスラヴァ滞在2〜3日目 »

▲ページトップへ