プラハ4日目〜5日目 蚤の市巡り

東欧買付け日記プラハ1日目~3日目街めぐりの続きです。

6月25日(土) 蚤の市kolbenovaへ

プラハホテル
朝5時にアラームをセットして起きる、とホテルのレストランはまだ朝食やってない。
朝食のビュッフェが楽しみのひとつでもあったのだけれど、蚤の市は早い時間にいきたいので、仕方なくあきらめる。

kolbenova metro
15分ほどトラムと地下鉄を乗りついでkolbenova駅に到着。
地下鉄の駅からの行き方は覚えていなかったけれど、人の流れについていったらたどり着けた、というのんきな買付けでよいのだろうか。
エントランスの機械に20コルナコインをいれ、入場するシステムの蚤の市。
コルベノヴァエントランス
問屋からもってきたような市販品もあれば、家中のものひっぱりだしてきました、というような出展者までいて、のんびりした空気がいい。
並んでいるものをみるとソファを売っているいると思えば灰皿、電気スタンド、食器、モップ、使えるのかどうかあやしい電器品まで、いろいろなブースがならんでいる。
コルベノヴァのおじさん
中古のタイヤも売っていたり、使いかけの歯磨き粉まで、これ売っていいのかな、と思うようなものも。
日本だったら粗大ゴミになっていそうな掃除機をうれしそうい抱えてかえっていく姿もみかけた。
みんなおんぼろの自動車のボンネットの上に商品を広げたり、どっちが前だか後ろだかわからないようなスペースだったりとなかなか自由。
そんな状況なので9割9分はどうでもいいようなものの中から「これは日本に持ち帰りたい」というものを探し出すのがたのしいのだけれど、売っている方にとっては、それもまたどうでもいいようなものだったりもして、それがおもしろい。
だから価格交渉をしないといけないものもあれば、そんなに安くていいの?と思うのに古くて、とてもかわいいものもあったりする。
プラハ蚤の市 お菓子型
アンティークだけど安く出してた素敵な置き時計をみつけたのでおじさんにこれ動くの?ってきいてみたら「問題ないさ、電池いれればぜったいうごくよ」なんて自信たっぷりにいわれるけど、どこまで信用していいものやら。
そのへんは蚤の市だし、おおらかに。
そんなブースをぐるりと何周かするともうバッグはいっぱいに。
箱にいっぱいつめこまれたお菓子の焼型やホーローのなべなんかはみかけるとそれだけで思わず立ち止まってしまうもの。
ビールとカゴ
蚤の市にももちろん屋台はでているので、買ったものを肩からおろして、荷物整理しながらビール。
カゴもいくつか買えたので、なかなかな収穫。
このあと続けてバザールのおじさんに教えてもらった川沿いのフリマに。
こちらはすこし上品な出店なので、ほしいものの確率は高い、けど、どれも価格交渉しないと予算オーバー。
その分、状態もいいものが多く、アンティーク市のような感じで「これぼくのコレクションだからこの値段、譲れないよ」とは何度かいわれた・・・
土曜日にしてめぼしいものもだいぶ買えたことだし、ということではやめにひきあげてホテル近くのレストランでチェコ料理とビール。
pivo


6月26日(日)プラハ5日目再びkolbenovaへ

コルベノヴァも出展者がかわるので、きのうに続けてkolbenovaにいってみるけれど、雨まじりの天気で早々に引き上げてしまう店もあったりあまりおもわしくない。
コルベノヴァ
ぶらぶらとまわりながらみつけた古いカッティングボードなどを選んでいるとチェスキークロムルフ経由できたというモスクワ留学生とおしゃべりがはじまり、立ち話もなんだから、ときのうと同じ屋台でビールをのんだり少し息抜きの日曜日。
プラハのみの市
他にはキューブ体の石のおもちゃや古い木工細工、手芸糸あれこれなどを購入。
手芸品をならべていたおばあちゃんは手が汚れないように、なのか薄い手袋をはめているんだけれど、商品をきれいにする、というほうがよいのでは、とも思ったけれど、おしゃべりなおばあちゃんを見ていると人柄がいいのでよしとするか。
日曜は商店が休みのところがおおいのであまり買い物はできない、ので午後はのんびり。
たまたまあいていたプラハ中心部の古本屋を物色したり、ケーキを買って食べ歩きしたり。
プラハのケーキ
チョコがけケーキにはカスタードクリームがたっぷり。
夜はピザとビール(2杯)。
これで500円でお釣りがくる、といううれしい金額。
pizza

あしたはプラハで買い付けたいままでの商品を発送する日。
ホテルの部屋には、まだ整理していない商品が床に広がっていて、こんなに日本に送れるのだろうか、と少し不安になるけれど、買ってしまったものは仕方がない。
朝からの梱包をがんばるとして、と部屋でビールを飲みながら、あしたに備えて眠ることに。
プラハの夜

この買付けの旅での収穫はこちらに。
夏の芝生展2011
めぐる もの
東欧の日用品マーケットから
2011.8.19 fri.-9.6 tue.
13:00-21:00(土日祝、展示最終日は19:00まで)
水曜休み

買付け日記の続きは、プラハ最終日、スロバキア滞在1日目へ。

2011年7月28日

東欧買い付け日記

« 芝生は1周年をむかえます。 | 記事一覧 | HOQUBAさんから届きました「わたしドーナツこのおやつ」 »

▲ページトップへ