深夜の訪問者、夏の風物詩

深夜作業中、トントンとドアを叩く音。
びっくりして振り向くと小窓からオータさんが覗いている。

「スイカ、食べる?」

甘いスイカをいただきました。

スイカ

夏にはやっぱり、スイカです。

2010年7月11日

設営日記

« 小雨、インドの綿。 | 記事一覧 | グラス、途中経過2 »

▲ページトップへ