人員増強作戦で床、扉、壁!

いよいよまわりの人たちから「まだ?大丈夫か?」との心配してくれる声をいただき、本格的に改装がはじまる。
有賀夫妻が床貼りを手伝ってくれて、ヒトノユメ展で共に戦った若さん、棚ちゃんが扉の改装のアドバイスと撤去作業を手伝ってくれ、ようやく改装らしい、改装がスタートする。
床をみる有賀夫妻扉と棚橋
丸ノコやドリルインパクトで作業ができるのはもう限界。
というわけで床が終わったら今度は深夜でも作業ができる外壁の漆喰塗りに。

漆喰スタート
昔勤めていた写真事務所で塗った記憶を辿りながら、漆喰の袋の裏の説明を読んでなんとなく、ではじめてはみるものの、なかなかうまくいかない。
すると、営業が終わったあとの太田尻家さんおふたりがやってきて、しっくいの塗り方を伝授してもらう。
と、これがまったく仕上がりに差が出るので、さすが、としかいいようがない。
きれいに塗れ、しかもコテの味わいもある。

これを参考に、空がぼんやり明るくなるまで漆喰塗りはつづいた・・・

有賀さん、金子さん、白井さん、若さん、棚ちゃん、心から感謝。

2010年7月25日

設営日記

« 突然のシフォンケーキ | 記事一覧 | 芝生スタート »

▲ページトップへ